Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

FrontPage

毛穴の黒ずみ、汚れでお悩みのあなた。

透き通るような美白になりたいあなた。

ようこそ!
TCJ美肌研究室へ
画像の説明

[check]90%の女性が「敏感肌」?

ある大手メーカーが敏感肌についてアンケートを取ったところ、何と90%の人が自分の肌の状態を「敏感肌」だと思っていると回答したそうのです。ありえない数字ですね。これは、思い込みとTVCMなどから得る情報の刷り込みが原因と考えられますが、回答者の殆どが敏感肌の症状に一度や二度悩まされた経験があるからではないでしょうか。それでは、その敏感肌とは・・・

[check]「敏感肌」とは?

皮膚科の先生によっては、定義や概念は存在していない事、知ってましたか?そうなんです。「敏感肌」医学的に「敏感肌」という病名はありません。
敏感肌とは肌の表面から入ってくる様々な刺激に対して敏感に反応する状態です。

[check]「混合肌」とは?

混合肌(ミックススキン)とは、文字通り異なった肌質が混在したお肌のことをいいます。顔を手で触ってみると分かると思いますが、場所によって脂っぽい所と乾燥している所が細かく分かれている事に気付く筈です。

[check]「乾燥肌」とは?

乾燥肌(ドライスキン)は。皮脂分泌量の低下、角質細胞間脂質などの減少により角質の水分含有量が低下している状態です。
角質層の皮脂の奥の水分が蒸発することです。

[check]「脂性肌」とは?

脂性肌(オイリースキン)とは、男性ホルモンの分泌が活発なため皮脂の分泌が過剰になり、顔が光るほどになっている状態です。余分な皮質が毛穴を詰まらせ、毛穴のトラブルを引き起こす原因となってます。

[check]「年齢肌」とは?

年齢を重ねるごとに若い頃とは明らかに異なってきた肌の状態の事を一般的に「年齢肌」といいます。
老化肌、肌老化などという呼び方もあります。主にしみ、しわ、たるみ、くすみが気になりますがこれら殆どが紫外線によるダメージ「光老化」による症状です。今まで何十年かけてのお肌があるわけですから「丁寧な」スキンケアでじっくり時間をかけてセルフケアをしましょう。

[check]肌質は顔の部分によって違うって知ってますよね?

肌の薄さは、部分別に違います。また、血流の多さや流れ方も部分別で違います。代表的なのが、目元の乾燥やうっ血による「くま」などの目周りのトラブルです。また、そのすぐ横の鼻やすぐ上の額は、脂っぽいとかいった具合です。いわゆるTゾーンと呼ばれている部分です。

[check]防腐剤や香料の入っていない化粧品は安全って、ホント?

「無添加、無香料、ノンアルコール」といった化粧品は安全という先入観を抱いている人も多いですが、場合によっては必要な成分があまり入っていないという事もあります。防腐剤というとあまり良いイメージを持たないようですが、メーカーでもそのことを十分意識して、使い切るまでの時間を計算しその期間に合ったより安全な防腐剤を使用しています。また、防腐剤の入っていない化粧品はすぐに腐敗を始めますから、気づかずに使用すれば肌のトラブルを招きかねません。香料にかぶれる人もいることから、香料を敬遠する人も多いようですが、昔に比べ品質もかなり良くなり安全性も非常に高くなっています。また、香料には原料香を消すという目的の他に、香りによる楽しみや心理効果を高めるという目的もあるのでかぶれるとわかっている人以外は、むやみに毛嫌いする必要はないと思います。

[check]「自然派化粧品」の怖い落とし穴って、なに?

「自然」という名が付いているせいか、いかにも良いイメージを抱く人が多いようですが、その多くはハーブやアロエ、生薬をはじめとする各種の植物エキスが有効成分として配合されています。しかし、有効性と安産性を保つには不純物を精製し、高純度のものを作り出す高度の技術を要します。天然のものなので防腐剤を入れないと品質が保てないとか、安定した品質を保つためにはくりしなくてはならない問題がたくさんあります。しかも、植物性原料や植物性エキスは表示指定成分ではありませんから、いくら配合したとしても表示は「無添加」となってます。例えば、食べても安全だからといって、今ではやっている人はいませんが、きゅうりやレモンを薄切りにしてパックするのが流行ったことがありましたが、成分の「ソラニン」が日光に反応して日焼けやシミの原因になったりします。ビタミンCがいいからといってもビタミンC誘導体という形に変えない限り皮膚へ浸透しません。

[check]肌のくすみ・小皺の原因とは?

肌のくすみとは、皮膚の色が黒っぽく変化してしまった。透明感が無くなった。ツヤがない。などの肌の状態をいいます。
その原因には、まず血行不良によるものが考えられます。肌が乾燥するとみずみずしさが無くなり透明感が失われてしまいます。
「しわ」とは、肌の老化現象の一つです。角質層の水分不足、皮下脂肪の減少、こうした老化による表皮組織の変化によってしなやかさを失ったh皮膚がたるんでヒダがよった状態になりシワが作られるのです。

[check]化粧品を変えるタイミングを見る7つのポイントとは?

① 肌が赤くかさついた感じになる。
② 肌が熱を持ち、火照ったような感じがする。
③ かゆみがある。
④ 肌の表面がザラついたり、ブツブツする。
⑤ 目元や口周りがいつもよりシワっぽい。
⑥ 日光に当たって①~⑤のような症状が出た。
⑦ なんとなく、不自然で違和感がある。
なお、「肌に合わないときは、ご使用をお止めください。」この一文、どこかで見かけた事ありませんか?でも一体何を基準にして見極めればいいのでしょうか?そこで、目安として症状を挙げてみました。この内3つ以上当てはまるようなら、その化粧品はあなたに合わないと思って下さい。

[check]活性酸素が肌の老化の引き金になってる事、知ってました?

活性酸素といえばアンチエイジングの代表的な悪役ですがここでも悪役ぶりを発揮しています。細胞内や血中の脂質を酸化し作られる有害な物質の「過酸化脂質」は、活性酸素によって作られているのです。この過酸化脂質が増えれば増える程、肌はくすみ、ハリを失い、カサつきやシワ、フェイスラインのたるみといったろうか現象が進みます。肌の老化を止めることは出来ませんがスキンケアによって遅らせることは出来ます。

[check]30歳を過ぎたらアンチエイジングをした方が良い理由とは?

医師の間では、30歳というのは最も健康で安定している時期と考えられています。逆にその時期から徐々に老化へと進んで行くのです。アンチエイジングをしている人としていない人の「若々しい」「老けている」の差が目立ち始めるのはこのためで、見た目の老化度はそれまでに浴びた紫外線の量で7割がた決まってしまいます。紫外線は肌の細胞のDNA傷つけ、このダメージの蓄積がしみ・しわ・たるみとなって現れます。もうひとつ、30歳を過ぎると筋肉が「1年に1%ずつ」減ります。30歳以降、急に太りやすくなるのは、この為です。メタボはアンチエイジングの大敵ですよね。また、吸った空気の2%が活性酸素となって体内の老化と病気を引き起こします。アンチエイジングを目指すなら。紫外線対策とメタボ対策が重要か解りますよね。

[check]「くま」の原因とは?

「くま」には大きく3種類に分けることが出来ます。
①「茶ぐま」色素沈着が原因
②「青ぐま」血行不良が原因
③「黒ぐま」たるみ、皮膚のへこみなどが原因

対処法
茶ぐま・・・表皮レベル⇒美白効果の入ったコスメでケア
       真皮レベル⇒レーザー治療

青ぐま・・・マッサージ、ホットパックで血流を良くする。ビタミンK入のアイクリームで日々のケア。漢方での体        質改善(インナーケア)

黒ぐま・・・皮膚のへこみには、ヒアルロン酸を注入。目袋には脱脂術などの手術

[check]たるみ・しわと「活性酸素」との関係とは?

紫外線、ストレス、汚染された大気の刺激などによって、人間の体内に取り込まれた酸素が変化して「活性酸素」が発生します。「活性酸素」は肌の細胞膜を酸化させ細胞がダメージを受け、皮膚の弾力を保つ役割を持つコラーゲン・エラスチンやヒアルロン酸等の生成に影響を与え皮膚のたるみシワが発生します。

[check]出来てしまったシミの対処法とは?

まず考えられるのは、美白作用のある化粧品で「メラニン色素生成を抑えることにより日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」美白化粧品は一年を通してケアを忘れないようにしましょう。
ピーリングで肌のターンオーバーを適切に刺激することによってメラニン色素を排出するスピードがアップすることになります。シミの原因である古い角質を剥離することで角質に沈着したメラニンを取り除きます。
クリニックで処方する外用剤と内服薬でより早い改善が期待できます。その他に美容医療でのしみ治療があります。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional